ハープ

アイルランドのナショナル・ハープ・デー

アイルランドの楽器メーカーMcNeelaが公開しているブログ記事の中から、最もアイルランド的な弦楽器と言われているハープを称えるイベント「ナショナル・ハープ・デー」についてまとめた記事を当店でおなじみの翻訳家・村上亮子さんの翻訳でお届けします。

2022年よりラベンナ・ハープの表面板が変わります

弊社でハープを取り扱っているアメリカのDusty Strings社は9月8日、ディーラー向けにメールを送り、ラベンナ・ハープを含むラミネート素材シリーズの変更を発表しました。

【ストリーミングで見つけたケルト&北欧トラッド系音楽 vol.4】”Eir”

ケルトの笛のhataoが、Amazon Musicで見つけた興味深いケルト&北欧トラッドをご紹介する連載。新譜・旧譜問わず、良いなと思ったものを選びます。今回はスウェーデンのデュオ"Eir"をご紹介します。

【ストリーミングで見つけたケルト&北欧トラッド系音楽 vol.3】Cerys Hafana “Cwmwl”

ケルトの笛のhataoが、Amazon Musicで見つけた興味深いケルト&北欧トラッドをご紹介する連載。新譜・旧譜問わず、良いなと思ったものを選びます。今回はウェールズのピアノ、ギター、ハープ奏者でシンガーの「Cerys Hafana」をご紹介します。

ハープ、ハンマーダルシマーのDusty Stringsが値上げを発表

当店でハープやハンマーダルシマーを輸入しているアメリカの楽器製造会社Dusty Stringsが8月からの値上げを発表しました。理由はウッドショックのためで、値上げ幅は未定です。

「キラーニーハープ」について調べてみた

アイルランドのハープ工房、キラーニーハープについてお客様からお問い合わせをいただいたので、連絡を取ってみました。

【よくある質問】左利き奏者用のハープはありますか?

お問い合わせいただくことの多い「左利き奏者用のハープ」についてのDustyStrings社の回答をご紹介します。

【お知らせ】Dusty Strings社製ハープとダルシマーが値上げ&ダルシマーPreludeが廃版となります

当店で販売しているハープ、ダルシマーを製作するアメリカのDusty Strings社の2021年の価格表が発表されました。公式価格で50ドル程度の値上げとなります。

【ハープ】LovelandレバーとCamacレバーの違いについて

お問い合わせいただくことの多い「LovelandレバーとCamacレバーの違い」について解説します。

【新発売】La Ponte ケルトの笛屋さん特製 ハープカバー

La Ponte ケルトの笛屋さん特製 ハープカバーが新登場です!