アイリッシュボタンアコーディオンの仕組みを徹底解説!


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

アイルランドの楽器メーカーMcNeelaが公開しているブログの中から「アイリッシュボタンアコーディオンの仕組み」についての解説記事をご紹介します。

原文:The Mechanics of the Irish Button Accordion; Everything You Need to Know

アイリッシュボタンアコーディオンの仕組みを徹底解説!

ボタンアコーディオンは、多くの部品で構成された複雑な楽器です。楽器の性能を最大限に引き出し、正しく手入れをするためには、少なくともその仕組みについての基本的な知識を持っていることが重要です。

また、アコーディオンを購入する際には、専門用語に精通しておくと非常に役に立ち、賢い選択ができるでしょう。この便利なガイドは、アコーディオンの神秘的な内部構造を明らかにし、アイリッシュボタンアコーディオンのインとアウトを知るのに役立ちます。

アコーディオンの最も重要な3つの部品は、蛇腹、キーまたはボタン、そしてリードです。しかし、それらがどのように組み合わされ、あの独特で一目でそれとわかる音を生み出すのでしょうか?

このまま読み進めれば、自信を持って購入できるような、深い情報をお伝えすることができます。

アコーディオンの内部構造について、そして何より重要なリードを含めて学びましょう。ウェットチューニングとドライチューニングの違いや、アコーディオンヴォイスの説明もします。マルチヴォイスアコーディオンとは何なのか、そして伝統的なアイルランド音楽を演奏するには何ヴォイス必要なのか。などなど、重要な質問に対する答えは、このまま読み進めてください。

新たな知識はあなたの演奏技術をさらに高め、またアイルランドの伝統楽器として愛されているこの楽器が、どのようにして素晴らしい音楽を生み出しているのか、そのユニークな洞察も得ることができるはずです。

アイリッシュ・アコーディオンとは?

アイルランドのボタンアコーディオンを買おうと思って、ネットで調べたり買ったりしていると、あらゆるスタイル、形、サイズのアコーディオンに関連する情報が豊富にあることに気がつくと思います。

アイルランドのボタンアコーディオンは、頻繁に2列のダイアトニックアコーディオンと呼ばれています。

アイリッシュボタンアコーディオンは完全なクロマチック楽器ですが、クロマチックアコーディオンとは通常、ジャズなど他のジャンルの音楽に使われるクラシックボタンアコーディオンまたはそのようなものを指します。

また、アイリッシュボタンアコーディオンは2列メロディオンと呼ばれることもあります。これは、伝統的なアイルランド音楽でよく使われる1列10ボタンのメロディオンと混同されないようにするためです。

アイリッシュボタンアコーディオンの特徴は、外側のボタン列が一つの調で、内側のボタン列は半音高い別の調でチューニングされていることです。これにより、半音階のすべての音を使用することができるというわけです。

アイリッシュボタンアコーディオンのチューニングは、B/CまたはC#/Dが一般的です。

詳しくは下記記事をご覧ください。

ボタン・アコーディオンは、B/CとC#/Dのどちらの配列がアイルランドの伝統音楽に向いていますか?

アイリッシュボタンアコーディオンを習得するには、お金がかかります。ボタンアコーディオンは、アイルランド伝統音楽の世界では最も高価な楽器の一つです。質の良い初心者用アコーディオンは500ユーロ以上、中級者用アコーディオンは1,000ユーロ近くからあります。上級者向けのアコーディオンは、購入するメーカーやモデルによっては数千ドルすることもあります。もっと詳しく知りたい方は、こちらの便利なガイドをご覧ください。

アイリッシュ・アコーディオンの購入ガイド

アコーディオン本体:内側と外側

まずは、アコーディオンの構造から説明します。アコーディオンの基本的な構造を、簡単な図にまとめました。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

アコーディオンのボディは、2つの木の箱(フレーム)で構成されており、真ん中の蛇腹で結合されています。

蛇腹はアコーディオンの肺のようなものです。通常はプリーツ加工された厚紙や布を革や金属で補強し、アコーディオンの左右のケーシングやフレームに接続されています。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

蛇腹を圧縮したり押したりすると空気圧がかかり、膨張したり引っ張ったりすると気圧が下がります。演奏者がボタンを押すと、空気がリードを通過して振動し、音が出ます。蛇腹は強弱とアーティキュレーションをコントロールします。蛇腹を使用しないときは、2本の蛇腹ストラップ(アコーディオンの上部と下部に設置)で固定します。

内部構造


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

バルブとは音孔を開閉するパッド付きのバーのことで、ボタンを通じてレバーで操作します。サウンドホールは楽器の右側(演奏者が持つ側)、グリルの下にあります。アコーディオンはリードによって音が鳴ります。リードはアコーディオンのケースの中に収納され、リードバンクのセットに取り付けられています。

リードは、長方形の金属板の両側にリベットで取り付けられた金属片で構成されています。リードの下には溝があり、空気が通過するようになっています。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

リードの質は、アコーディオンの奏でる音に最も大きな影響を与える要因の一つです。アコーディオンの演奏性、音、品質は、装着されているリードに左右されます。

リードには、ハンドメイドhandmade、ティポ・ア・マーノtipo a mano、ハンドフィニッシュhand finished、コマーシャルcommercialという4つの品質レベルがあります。

アコーディオンのリードの複雑さや、リードが音に与える影響については、アイリッシュアコーディオンの中級ガイドで詳しく解説しています。

Intermediate Guide to the Irish Accordion.

外装の特徴

ボタン


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

指板には、右手でメロディーを弾くためのボタンやキーが配置されています。アイリッシュボタンアコーディオンのボタンは、通常21個または23個です。

その違いは何でしょうか。23ボタンアコーディオンは、指板の低い位置にボタンが2つ余分にあり、4つの音が追加されています。音数が多いということは、音域が広がるということであり、演奏の幅が広がるということです。しかし、伝統的なアイルランド音楽を演奏するには、21ボタンアコーディオンでも十分ですので、ご安心ください。

アイリッシュ用のボタンアコーディオンは通常は平らな指板を採用していますが、段差のある指板を使用することも可能です。段差のある指板では、内側の列のボタンを外側のよりも高くしてあり、段差のあるレイアウトや緩やかな傾斜のある指板を使用することができます。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

伝統的に、2列のアイリッシュボタンアコーディオンは、指板と反対側に8つの低音鍵盤を備えています。これらを左手で演奏し、右手で演奏するメロディーの伴奏に使用されます。ほとんどのアコーディオンには、左手近くにエアボタンがあり、音を出さずに静かに蛇腹に空気を入れたり出したりすることができます。

ファッション性と機能性

アコーディオンの両側には、空気の出入りを容易にし、音をよく響かせるために、グリルが付いています。

高音部または右手のグリルは、指板の高音バルブと機構を覆っています。アコーディオンの装飾として使用され、通常、メーカーのブランド名やロゴが表示されています。このグリルは、大きな音を出すために開放したり、ミュート機構として使用することができます。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

スイッチ

スイッチ(カプラcouplers、レジスターregisters、ストップstopsとも呼ばれる)は指板の近くにあるボタンで、これを押すと異なるリードやヴォイスのセットが作動するようになっています。また、アコーディオンの上部、高音部の鍵盤の上にあることもあります。このスイッチを使って、オクターブや音域の異なるリードブロックを組み合わせ、さまざまな音色を奏でることができるのです。音の音色や音質を自在に操ることができるのです。

また、多くの上級者向けアコーディオンでは、左手に低音鍵盤で弾く和音から3分の1を取り除く低音スイッチを搭載しています。

他のオプション


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

アコーディオンの重量に応じて、ほとんどのモデルには1つまたは2つのショルダーストラップ(肩ひも)が付属しています。これはアコーディオンを固定し、楽器の重さを再分配することで、より快適で安全な演奏ができるようにするためのものです。ストラップはアコーディオンを正しく固定するためのものであり、楽器の重量を負担するために使用するものではないことに注意してください。

一般的な思い込みに反することですが、アコーディオンを正しい位置に保持するのであれば、ストラップは必要ありません。実はむしろ、ストラップによって背中や肩にかかる負担を大きくしてしまいます。そのため、ほとんどの先生はストラップを使わないようにアドバイスしています。古いアコーディオンの場合、指板にサムストラップ(親指かけ)が装着されていることがあります。右手の動きが多少制限されるかもしれませんが、使うか使わないかは個人の好みです。最近の楽器は、指板に親指を通す溝があるものが多く、動きやすくなっています。すべてのモデルにはバス・ストラップが付属しており、手首にかけることで左手をサポートし、蛇腹の出し入れを可能にします。

アコーディオンのヴォイス

アコーディオンには、複数のヴォイス(声)があります。ヴォイスとは、高音側(右手側)に装着されている金属リードの枚数のことです。アコーディオンの高音部の鍵盤を押すと、1枚または複数枚のリードが音を奏でます。各音符に対応するヴォイス数は、同時に鳴らすリードの数によって決まります。

つまり、2ヴォイス・アコーディオンの場合、鍵盤を1回押すごとに2枚のリードが鳴ります。3ヴォイスアコーディオンの場合は、1回の鍵盤押下で3枚のリードが鳴るというように、鍵盤を押さえるたびにリードが鳴ります。

これらの音色は、スイッチ(カプラ、レジスター、ストップなどとも呼ばれます)を使ってコントロールします。

このスイッチやストップを使うことで、アコーディオン奏者はオクターブや音域を変えて様々な音を出すことができます。例えば、オクターブチューニングと表記されているアコーディオンは、中音より1オクターブ高い声部と、1オクターブ低い声部を持つことになります。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

ヴォイスの違いの説明

シングルヴォイス
シングルヴォイスアコーディオンは、通常、軽量でコンパクトです。 コンサーティーナのような明るく澄んだ音色が特徴です。

ツーヴォイス
最も一般的に演奏されるアコーディオンは2ヴォイスです。各音符のリードは、ほぼ同じピッチになるように調律されます。通常、片方のリードはコンサートピッチに、もう片方は少しシャープに調律されます。このわずかな音程の違いが、伝統的なアコーディオンの音に特徴的なトレモロ効果を生み出します。

スリー・ヴォイス
スリーヴォイスアコーディオンは、通常LMM(ロー/ミドル)と呼ばれます。LリードはMリードより1オクターブ低く調律され、各音に深みと豊かな響きを与えます。

4ヴォイス
4ヴォイスのアコーディオンのセットアップは、通常LMMHです。HヴォイスはMリードより1オクターブ高く調弦され、音に明るさとキレが加わります。4ヴォイス全てを使用することで、豊かで力強い音色を奏でることができます。アコーディオンは、ヴォイスの数によって価格が変わります。ヴォイス数が多いほど、リードの枚数が多いほど、製造コストが高いほど、小売価格も高くなります。

ドライチューニングとウェットチューニング

アコーディオンのリードは、様々な方法でチューニングすることができます。

リードがユニゾンで調律され、全く同じ音程になる場合は、ドライチューニングとなります。

一方、リードのチューニングが異なり、1本または複数本がわずかにシャープ(高音)にチューニングされ、もう1本がコンサートピッチにチューニングされている場合、アコーディオンはウェットチューニングされていると言われています(コンサートピッチとは、正確には440ヘルツに調律されたA音です)。

ウェットチューニングを行うと、トレモロ効果が得られます。トレモロとは、2つの同じ音のピッチがわずかに異なる(つまり、一方が他方より高くチューニングされている)ときに、音響的な振動が聞こえる効果のことです。ウェット・チューニングやトレモロ・チューニングは、豊かで重く大きな音を出す傾向があります。

ドライ・チューニングは、明るく歯切れの良い音で、音量は通常より小さいものの、突き刺さるような音になります。

最近のアイリッシュミュージックではウェットチューニングはあまり流行していません。現代のアイリッシュボタンアコーディオン奏者の多くは、スイングチューニングでアコーディオンを演奏しています。スウィングチューニングはウェットチューニングとドライチューニングの中間に位置し、両者の長所を兼ね備えています。アイルランド音楽を演奏するのに理想的です。

どのチューニングが自分に合っているか、もっと詳しく知りたい方は、アイリッシュアコーディオン中級ガイドをご覧ください。

Intermediate Guide to the Irish Accordion.