アイルランドの祝祭日「セント・パトリック・デー☘」

今日はアイルランドの祝日「セント・パトリック・デー」。

日本各地でもイベントを楽しむことができます。皆さんは参加されましたでしょうか?

参加された方はセント・パトリック・デーについてばっちりご存知かと思いますが、初めて知ったという方もいらっしゃると思いますので簡単に解説したいと思います!

セント・パトリック・デーってどんなお祭り?

アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックを讃える祝祭日です。

彼の命日である3月17日付近に、アイルランドにまつわる全てのものを讃えるお祭りとして世界中でパレードが行われたり、パブに集まりセッションを楽しんだりします。

アイルランドのシンボルカラーである「緑色」のアイテムや、アイルランドの国花であるシャムロック(三つ葉のクローバー)を身に着けてイベントに参加するのが特徴です。

聖パトリックってどんな人?


出典 Wikipedia

聖パトリックはアイルランドにキリスト教を広めた守護聖人です。

幼い頃に海賊に襲われ奴隷となりましたが、お告げを聴いて無事脱走し、神学の勉強に励みました。

その後、聖パトリックはアイルランド中を駆け巡り、行く先々に教会を建てるなどキリスト教の布教に尽力しました。

最も有名な逸話の一つに挙げられるのがアイルランドの国花である「シャムロック(三つ葉のクローバー)」。

キリスト教を広める際、シャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表しているためであると説いたのだそう。

セント・パトリック・デーは見渡す限りミドリ!みどり!緑!

セント・パトリック・デーの特徴といえば、あたり一面の「緑色」。

参加者はアイルランドのシンボルカラーである緑色のアイテムを身につけるのがお約束。

さらには建物の外壁や内装、ビールなどなど、見渡す限り緑色の世界が広がります。

なんと川まで緑色に染まるところも!

シャムロックやアイルランドの妖精レプラコーンの帽子など、様々な緑色のアイテムを身に着け、あらゆるものが緑色の世界の中でひたすら飲んでお祭り騒ぎする楽しいイベントなのです!

アイルランド以外でも、アイルランド系移民(アイルランドに住めなくなり海を渡った人たち)の多い国や都市をはじめ、世界中でイベントが開催されます。

人気俳優ハリソン・フォードの映画「逃亡者」ではシカゴで、同じく人気俳優ジョニー・デップの「ブラック・スキャンダル」ではボストンで、盛大に行われているセント・パトリックのお祭りが登場しています。

もちろん日本各地でも楽しむことができます!

日本では「アイルランドのことをもっとよく知ってもらおう」と1992年から毎年イベントが催されています。

まだまだイベントは目白押しですので、機会があれば是非参加してみてください!

イベントスケジュール

3/17~21

3/23

3/24

3/30~31

上記の他にもたくさんのイベントが企画されているようです。
みなさんもぜひ「緑色のアイテム」を身に着けて楽しんでくださいね☘

関連記事