アイルランド音楽のセッションについての解説


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

アイルランドの楽器メーカーMcNeelaが公開しているブログの中から「アイルランド音楽のセッションに参加するために必要なこと」について紹介している記事を許可を得て翻訳しました。

原文:The Irish Trad Session Explained

アイルランド音楽のセッションについての解説

私達McNeela Instrumentsは、良いセッションを愛しています。私たちのチームのほとんどは、アイルランド音楽シーンで活躍する熟練ミュージシャンで、あらゆるタイプのセッションで演奏しています。

自分では演奏しない人も、できるだけ多くのセッションに参加し、活気のある曲を聴くのが何よりも大好きです。そんなわけで、私たちはこれまでにセッションについて一つや二つは確実に学んできました。

素晴らしいセッションについて第一に知っておくべきことは、演奏するにも参加するにも、いくつかの不文律があるということです。信じようが信じまいが、ただ見ているだけの人にもエチケットがあるのです。

しかし、そんなことで気を落とさないでください。セッションのエチケットのイロハをお伝えし、恥ずかしい失敗をしないようにお手伝いします。

もしあなたが、次回の素晴らしいセッションに参加する方法を学びたいなら、そのときに誰かのじゃまをすることを最小限にしたいなら、この記事は読む価値があります。このページでは、アイルランド音楽のセッションに参加するために必要なことをすべてご紹介します。

セッションとは?

セッションとは、アイルランドの伝統音楽を演奏するために集まったミュージシャンたちが、気軽に、時には即興で行う集まりのことです。

伝統的にアイルランド音楽のセッションは、地元の家庭の台所で行われました。ハウス・ダンスが一般的で、集まったミュージシャンはセット・ダンサーのために曲を演奏していました。

このような家はケーリー・ハウスcéilí houseと呼ばれ、大家族の音楽家の自宅であることが多く、他の音楽家も頻繁に出入りしていました。曲は豊富で、大騒ぎになること間違いなしです。

今日では、パブやアイルランド各地(そして世界各地)にあるアイリッシュ・アート・文化センターでセッションが行われるのが一般的です。とはいえ、トラッド・ミュージシャンのグループが集まれば、どこでもセッションが始まる可能性はあります。

野外でも、公共交通機関でも、空港の出発ゲートでも、曲の流れを止めることはほとんど不可能です。

アイルランドのミュージシャン、Daoirí Farrell、Robbie Walsh、Geoff Kinsellaが、飛行機が2時間以上遅れたときに、乗客の気分を盛り上げるために行った即席セッションのビデオをご覧ください。

そして、ケリー州キラーニーのセント・ブレンダンズ・カレッジの若者たちによる素晴らしい例もあります。ケリー州にあるセント・ブレンダン・カレッジの若者たちは、飛行中に自分たちの才能を分かち合うことにしたのです。この素晴らしい機内エンターテイメントに、私はあまり異議を唱えるつもりはありません。

ウィリー・クランシー・フェスティバルのポップアップショップのすぐそばで行われたストリート・セッションを見てください。

画面左のホイッスルの男性、右のハーモニカの男性、そして後から参加したホイッスルの女性にご注目ください。このようなカジュアルな参加者はオープンセッションの常で、誰でも参加できるセッションの好例と言えるでしょう。

そして最後に、ドロヘダのFleadh Cheoil na hÉireannで開催されたMcNeela Instrumentsの出店でのセッションです。アイリッシュ・トラッドの素晴らしいセッションは、本当にどこにでも出現するのです。

セッションの探し方

参加可能な本格的なアイルランド音楽のセッションを探すには、地理的条件が最も重要な要素となります。

もちろん、魔法の島アイルランドに住んでいたり、アイルランドを訪れていたりすれば簡単なことですが、アイルランド音楽は世界中で人気を博しており、今では中国、日本、ブラジル、オーストラリア、そしてもちろんアメリカでも素晴らしい音楽が演奏されているのを見かけることができます。

では、どのように、そしてより重要なことに、どこでセッションを見つけることができるのでしょうか?

アイリッシュ・パブ&アイリッシュ・バー

お近くのアイリッシュ・パブやアイリッシュ・バー(ええ、これらは違います)は、セッションを探す際の出発点として最適です。しかし、アイリッシュ・パブミュージックと本物のアイリッシュ・セッションには大きな違いがあることに注意しましょう。

アイリッシュ・バーは、世界中のどの都市にもあるのかもしれませんが、私たちアイルランド人は、本当に遠くまで旅をし、どこへ行くにも私たちの文化を持っていきます。海外では(ここでいう「海外」とはアイルランド以外の国を指します)、「アイリッシュ」バーで聴くことができる音楽の質や信憑性は、千差万別です。

しかし、同じことがここアイルランドのアイリッシュ・パブにも言えます。ダブリンのテンプルバー地区に足を踏み入れたことのある人なら、私が言っていることがよくわかるでしょう。

これらのパブの多くは、観光客向けに設計されており、「アイルランド音楽」に華やかさを添えて提供しているのです。様式化されたダンスや衣装が満載のリバーダンス・スタイルのショーから、エド・シーランの「ゴールウェイ・ガール」をギター1本で熱唱するショーまで、ありとあらゆるものが見られます。どちらも、本物を求めるアイルランド音楽ファンにとっては、理想的な選択肢ではありません。

では、どうすれば本物のセッションとこれらの商業イベントとを見分けることができるのでしょうか。

本物の伝統的なアイルランド音楽セッションは、つまりよその人でも参加できるものは、パブの片隅でミュージシャンが集まって行われます。

アイルランド音楽のセッションには、私たちアイルランド人が言うところの「観念」がないのが普通です。カジュアルであればあるほどいいのです。ステージやマイクがあっても音楽が楽しめないわけではありませんが、ミュージシャンが参加できるオープンなセッションでないことは確かです。

ダブリンのセッション

ダブリン市内でセッションを探すなら、テンプルバーは避けてください。市内中心部には、The CobblestonePiper’s Cornerという、本物のアイルランド音楽が楽しめる安全な場所が2つあるのです。


ダブリンのザ・コブルストーン・パブ – 出典 https://blog.mcneelamusic.com/

ザ・コブルストーン・パブ(The Cobblestone Pub)

マリガン一家が経営するザ・コブルストーンは、最高の伝統的アイルランド音楽、歌、踊りの代名詞となっています。ダブリンを代表するこのパブは、アイルランドの最高のミュージシャンで溢れかえっています。私はこの店で、ビールを飲みながら音楽を聴き、たくさんの素晴らしい夜を過ごしました。

初心者の方に一言。The Cobblestoneには、ダブリンのアイリッシュ・トラッド・シーンの中でもトップクラスのミュージシャンが集まります。彼らは経験豊富なミュージシャンであり、プロフェッショナルなレベルで曲を演奏するためにそこにいるのです。

パブの規模が小さいこともあり(セッションが始まると席を探すのが大変です)、初心者には不向きな状況です。ですから、もしあなたが参加したいのであれば、演奏速度が速いことに気をつけて、以下のセッションエチケットに目を通しておいてください。

でも、怖がらないでください。マリガン一家は愛すべき人々ですから、パブの雰囲気はフレンドリーで歓迎されます。彼らはまた、速く演奏できない人のために、週に一度、ゆっくりとした、初心者に優しいセッションを開催しています。

ダブリンの地元の人も、郊外から来た人も、The Cobblestoneはセッションの穴場リストにぜひ加えてみてください。

パイパーズ・コーナー(Piper’s Corner)

Piper’s Cornerは、有名なイリアンパイパーであるSeán Potts氏と共同経営していると知っても驚くことはないでしょう。ダブリンのトラッドシーンでは比較的新顔のこの居心地の良いパブでは、アイルランドで最も才能あるアイルランドのトラッド・ミュージシャンによるセッションが毎晩開催されています。

Piper’s Cornerは、その名の通り、トラッドに親しむことができるパブです。それだけでなく、ダブリン市内でアイルランド語が通じる数少ないパブでもあります。スタッフの多くがアイルランド語を流暢に話すので、カプラ・フォーカルの練習をしたい人にはうってつけの場所です。

アイルランド文化センター

アイルランド各地にある文化センターでは、曜日を問わず、アイルランド音楽のセッションが行われています。

Comhaltas Ceoltoirí Éireann(略称CCÉ)は、アイルランドの伝統音楽、歌、ダンスの振興と保存を担うアイルランドの全国的な組織です。アイルランドの各地にある文化センターでは、あらゆる年齢層の音楽家がライブ演奏を楽しむことができます。

その他にも、Áras ChrónáinConradh na Gailge(ダブリンの中心街にある強力な音楽スポット、夜は少し騒がしいので注意)、The Séamus Ennis Centreなど、アイルランド音楽のセッションを主催する芸術団体は数え切れないほどあります(ただしこれらに限りません)。


The Séamus Ennis Centre, Naul, North County Dublin – 出典 https://blog.mcneelamusic.com/

地元のCCÉ支部

アイルランド、オーストラリア、ブラジル、イギリス、アメリカ、日本など、世界中に何百ものCCÉ支部が活動しています。ほとんどの支部では、アイルランド伝統音楽のレッスンやアイリッシュ・トラッドのセッションなど、様々な活動を行っています。

これらのグループはボランティアベースで運営されており、どのような経験レベルのミュージシャンも非常に歓迎します。もし、あなたがアイルランド音楽の始め方、または地元のアイルランド音楽グループへの参加について少しアドバイスが欲しいと思っているなら、ぜひお近くのCCÉ支部に連絡を取ることをお勧めします。きっと両手を広げてあなたを受け入れてくれるはずです。

お近くのCCÉ支部は、CCÉのウェブサイトから検索することができます。


パーラーでのセッション – 写真:Gerald Moore

オンライン・リサーチ

新しいセッションを見つけるのは、私がパブからパブへと歩き回り、「ちょうどいい」セッションを見つけようとしていた頃に比べれば、少しは簡単になったのではないでしょうか。アイルランド音楽を専門に議論するオンラインフォーラムには、地元のセッションに関する便利なヒントやアドバイスがたくさんあります。

TheSession.orgTradConnect.comは、どこで何が行われているか、今どんな曲が流行っているかといった内部情報まで満載の素晴らしい情報源です。

フォーラムのメンバーの多くは、経験豊富なミュージシャンであり、喜んであなたを助け、正しい方向へ導いてくれることでしょう。

セッションを開催する

もちろん、自分でセッションを設定することもできます。つまり、ルール、時間、場所を自分で決めるということです。必要なのは、会場と気の合うミュージシャンのグループだけで、あとは実行するだけです。

しかし、私が言い続けているこの不思議なルールとは何でしょうか?そんなにたくさんあるのでしょうか?説明しましょう。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

セッションのエチケット

ほとんどの場合、アイルランドの伝統音楽家はフレンドリーで歓迎的な集団ですが、セッションはそれぞれが異なり、個性と参加理念があります。そこで、セッションに参加しようとする前に、以下のことに注意してください。

すること

・自分の限界を知る。
自分の能力について自分自身に正直になりましょう。ベテランのミュージシャンのグループはあなたを自分の仲間として迎え入れるでしょうか、それともまだ演奏の初期段階にあるのでしょうか?仲間のミュージシャンを思いやること。

・事前に曲を知っておくこと。
もしあなたが曲を知らないなら(あるいは、信じられないほど速く習得できるのでないなら)、参加しないことです。間違った音で半分だけ演奏している人の横に座ることほど、イライラすることはないでしょう。

・自分のペースで曲を覚えましょう。
もし、新しい曲を聴いて弾けるようになりたいと思ったら、それを録音しておいて、後で家で覚えしましょう。

・参加する許可を得ること。
ほとんどのグループは、あなたが最初に尋ねる限り、新しい参加者を歓迎します。怖いと思うかもしれませんが、最悪の場合、断られることもあります。そうすれば、いずれにせよ、そのセッションはあなたにとって正しいものではなかったとわかるでしょう。

・楽器をチューニングしましょう。
チューニングできているかチェックしましょう。必要であれば、グループの誰かにチューニングのための音を弾いてもらうことを恐れないでください – 彼らにとっては、あなたがシャープまたはフラットに演奏するよりも素直に聞いてくれる方がはるかにましです。

・楽器の組み合わせを確認しましょう。
そのセッションですでに2人のバウロン奏者が演奏していますか? それなら3人目を加える必要はないでしょう。忍耐強く、自分の番を待ちましょう。

・4つ以上のコードを学びましょう。
これは、4つのコードとカポ(ギタリストの場合)があれば、世界を相手にする準備ができていると感じている伴奏者のための特別なものです。その自信はすばらしいのですが、まだすべてのセットに参加することはできません。その4つのコードが合うと確信できる曲だけに限定してみてください。そうでなければ、座って聴いていてください。アイルランド伝統音楽の伴奏についてもっと知りたい方は、私のブログの記事をご覧ください。

How to Accompany Traditional Irish Music

しないこと

・割り込むこと。
参加する前に自己紹介をし、許可を得てから参加しましょう。ミュージシャンによっては気にしない人もいますが、ほとんどのミュージシャンは、見知らぬ人が「はじめまして」の一言もなく仲間に加わることに苛立ちを覚えるでしょう。

・大音量で演奏すること。
これは説明するまでもないことです。良いセッションはグループのダイナミズムがすべてです。あなたはソロのスーパースターになるためにそこにいるわけではないので、他の楽器と調和できるような適切な音量で演奏していることを確認してください。

・セッションを中断すること。
セッションの曲は通常、曲の種類によりますが3つか4つの曲がセットで演奏され、それぞれが連続的に次の曲へ流れます。次の曲を選ぶのは、最初の曲を弾き始めた人次第です。曲目変更の合図がないか、目と耳をそばだててください。

・他の人の演奏やチューニングについてコメントすること。
褒め言葉は問題がありませんが、誰かが他のミュージシャンに調っぱずれだと言ってしまい、気まずさでセッションが台無しになるのを見たことがあります。

・怒ること。
アイルランドのミュージシャンはとても気立てのいい人たちばかりですが、中には気難しいトラッド純粋主義者もいて、運が悪いとそういう人に出会ってしまうことがあります。このような音楽シーンの「長老」たちは、あなたの演奏やチューニング、さらには曲の選択についてさえも、恥ずかしげもなく意見を述べます。彼らの吠える声は噛みつかれるよりもずっと感じが悪いものですが、彼らがセッションをぶち壊しているということは、セッションのミュージシャン以外にも知れ渡っています。しかし、このようなセッションの不機嫌な人たちから非難されるのは通過儀礼のようなものなので、個人的には受け取らないようにしましょう。私たちは皆、そのようなその話をするために生きてきたのです。笑い飛ばしてください。

・誰かの席に座ること。
席に座る前に必ず空席を確認しましょう。特にフルート奏者の横に座っている場合、ビールを床に置いてはいけません。なぜかって? ヒントを二文字で言えば「結露」です。

・手拍子をすること。
私は忍耐強く、セッションに参加するすべての人に多くの時間を割いていますが、私でさえ、あなたが音楽に合わせて手拍子を始めたら、退席をお願いしたくなるでしょうね。それは観光客に任せておけばいいんです。

初めてセッションに参加する場合は、参加するつもりもなく、事前に選んだセッションに向かい、観察したり聞いたりするのがいいかもしれません。そうすることで、その場の雰囲気やセッションのエチケットを感じることができます。後で気が向いたときに参加すればいいのです。

自分の実力以上のセッションに参加してしまったとしても、がっかりしないでください。それは、プロがどのように行うかを学び、見るための完璧な機会だと考えてください。運が良ければ、親切なミュージシャンに出会い、自分のペースで1、2曲演奏するように誘われるかもしれませんが、期待しないようにしましょう。


アイリッシュ・パブでの音楽セッション(ゴールウェイ) – 写真:Giuseppe Milo

アイルランド伝統音楽のセッションに参加する

飛び入り参加

もし、あなたが夢のようなセッションを見つけ、楽器をオクスター(肘)の下に置いて数回通って、ミュージシャンたちと頷いたり笑ったりする仲になったら、次のステップに進み、実際に曲を演奏する時が来たのです。1曲か2曲の演奏に参加させてもらうよう丁寧にお願いするのが良いでしょう。ただ、あなたがその曲をちゃんと弾けることはチェックしておきましょう。

音量調節

ほとんどのミュージシャンは、音楽の「下」で演奏する技術を習得しており、どんな間違いも聞こえないし、邪魔にもならないようにしていることでしょう。ですから、最初の数回は、他の人にセットを提案させ、誰も不快にならないように一緒に演奏するようにしましょう。そうすることで、自信をつけ、他のミュージシャンに敬意を示すことができるのです。

流れをつかむ

多くのミュージシャンが、伝統的なセッションを良い会話に例えていますが、その中で最も望ましいのは「流れ」だと言われています。他のミュージシャンの演奏に耳を傾け、単にタイミングを合わせるだけでなく、彼らの演奏スタイル、フレージング、装飾音、スイングに合わせることを心がけましょう。

音楽への意識

自分の音楽をシェアすることに対して過度に恥ずかしがる必要はありません。自分の能力に自信があり、かなりの曲数をこなし、あなたが選んだセッションと似たような音楽を演奏するのであれば、始めてください。

曲の変更

下のビデオの2:03のところで曲が変わっているのに気づいたかもしれませんが、誰が提案したのかわかりますか?

セッションのリード役

セッションのリード役である、尊敬するフィドラーAntóin Mac Gabhann(真ん中のフィドル奏者)、または伝説のアイリッシュアコーディオン奏者James Keane(5人のフィドル奏者と向き合って座っている)かもしれませんね。この5人のフィドルプレイヤーと向かい合うように座っているのは、アイルランドの伝説的なアコーディオンプレイヤー、ジェームス・キーンです! 曲をチェンジする前に微妙に眉を寄せているのを見てください。

聴いて学ぶ

セッションの目的は、一緒に演奏し、共通のレパートリーを探求することなので、自分の能力より高すぎないセッションを選ぶことが重要です。

もしあなたが、すべての演奏者が常に一流であるようなセッションに参加し、自分の楽器の習得にまだ十分な自信がないのであれば、参加者としてではなく、観察者としてセッションを楽しむのがベストかもしれません。

音楽的階層を理解し尊重する

セッションには暗黙の了解で上下関係があり、初心者や経験の浅いミュージシャンは、ベテランのセッション・プレイヤーやミュージシャンに譲るのが一般的です。

アイルランドのómós(oh-mose:「mos」のような音)または尊敬の念は、セッションの非常に強い要素であり、参加する価値のあるほぼすべてのセッションの基本テーマとなっています。

年配の由緒ある音楽家がたまたま居合わせた場合、それが非常に顕著に表れます。他の演奏者は、自分の専門性に関係なく、その演奏者に敬意を表し、自分の演奏がその音楽家へのオマージュのようなものになるように努力します。だから、アイルランドの民族音楽や伝統音楽の知識を深めることが大切なのです

Ar scáth a chéile a mhairimid」というアイルランド語のフレーズは、特にここに関連しています。これは文字通り、「我々は互いの影の中で生きている」という意味です。 この格言は、人々の間の相互のもてなしと寛大さを意味し、特にセッションでミュージシャンに適用される場合に適しています。


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

セッションでのバウロン奏者

バウロン奏者の皆さん、ええ、あなたです。あなたには自分のセクションがあります。せっかく苦労して作ったのに、悪評を立てられてはたまらないでしょう。アイルランド音楽のセッションのエチケットはバウロン奏者にも適用されますが、それ以外にもいくつか注意すべき点があります。

ミュージシャンの中には、バウロン奏者がセッションに近づいてくるのを見ると、バウロン奏者がその技術を披露する前から、内心でうめき声をあげる人がいます。公平かどうかは別として、今日でも一部のアイルランド音楽界にはバウロン奏者に対する俗物根性が存在しています(これは苦い経験から生まれたものだと主張する人もいますが)。

バウロン奏者は、他の奏者に対して特別な配慮をする必要があります。公平に見て、我々は非常に大きな音を出すパーカッションを演奏しており、注意深く扱わなければ、セッションを支配し、みんなの環境を完全に壊してしまう可能性があります。

だから、世界中のバウロン奏者を代表して、そして私たちのすでにある評判を代表して、どうか演奏する前に考えてみてください。

音楽を聴いて、タイミング通りに演奏しているか、適切な音量で演奏しているかを確認してください。もし不安なら、静かに、ソフトに演奏しましょう。もし、自分が深みにはまったと感じたら、バウロンを叩きたい誘惑に負けないでください。

このような配慮は他のミュージシャンにとても感謝されるでしょうし、いざ演奏してみると、より多くの聴衆に受け入れてもらえることに気づくはずです。

もし、他のバウロン奏者がいて、その人があなたより上手に演奏していたら、少し引いてみてください。聴いて学ぶのです。

偉大な人たちから少しインスピレーションを受けてみてください。
Modern Day Legend of the Irish Bodhrán.


出典 https://blog.mcneelamusic.com/

スロー・セッション

同じレベルのミュージシャンと一緒にテンポの速い曲を演奏したい、という一流のミュージシャンが集まるセッションもありますが、近年は初級者や中級者を対象としたセッションも非常に多くなってきています。

このようなスロー・セッションは、初心者に優しいゆっくりとしたペースで曲を演奏し、フルスピードで参加するのはまだ早いという人に安全な空間を提供します。間違いは大歓迎で、初心者を応援します。

聴衆を気にすることなく、お互いに支え合い、励まし合い、純粋に楽しんで演奏することに重点を置いています。

これらのセッションは、安全で快適な環境で、完璧な学習環境を提供します。通常、経験豊富な音楽家が1人か2人、セッションの進行を手伝い、アドバイスをします。

スロー・セッションやビギナーセッションから始めて、そこから上達することは全く恥ずかしいことではありません。実際、トラッド・ミュージシャンの仲間はあなたと同じペースで上達していき、あなたがスピードアップする頃には、仲間もそうなっているかもしれません。そうすれば、あなただけの上級セッションが出来上がります。

セッションのチューン

セッション曲として認められる曲とそうでない曲があります。一般的に人気のあるセッション曲は、どの楽器でも演奏可能なものです。一方、個々の楽器に適した曲や、ソロ演奏に適した曲もあります。このことを念頭に置いておくことが重要です。

セッションの曲はセットで演奏され、単体の曲ではありません。ダンス曲の適切なセレクションは、ジグ、リール、ホーンパイプなど、同じ曲種を3、4曲、互いに切れ目なく演奏するものです。

セッションで気に入った曲があったら、遠慮なくその曲名を聞いてください。録音しておけば、家でゆっくり自分のペースで練習することができます。自分が好きな曲、よく演奏される曲を記録しておき、それを習得する努力をしましょう。そうすれば、きっと有意義な時間を過ごせるでしょう。

スロー・エアは、セッションであまり演奏されませんが、それには理由があります。これらはグループでの演奏には適していません。あなたが名人級のソリストであり、スロー・エアについて深い知識と理解があるのでなければ、セッションで演奏しようとは思わないでください。

もう一つ、避けるべき失敗があります。チューン(tune)を歌(song)と呼んではいけません。歌(song)には歌詞があります。伝統的なアイリッシュダンスの曲には歌詞がありません。曲のことを歌と呼ぶと、すぐに無知な初心者とわかります。

セッションの曲目について知りたい方は、セッションの曲目についての私のブログセクションをご覧ください。また、あらゆる年齢層のプレーヤーに楽しんでいただけるよう、様々なアイルランドの曲集をご用意しています。アイルランド音楽ストアで全種類をご覧いただけます。

‘hup’の意味は?

最後に……’hup’について。あなたが参加する音楽セッションによって、この言葉をよく耳にしたり、まったく耳にしなかったり、またセッションによって異なる理由で使用されるかもしれません。

セッション・リーダーは、曲の変更が迫っていることを示すために ‘hup’ と叫ぶかもしれませんし、テンポの変更、あるいはキーの変更を示すために叫ぶかもしれません。

また、聴衆の一人、あるいはセッション・プレイヤー自身が、気分が乗ったときに、楽しさや一般的な喜びを表現するために言うのを聞くかもしれません。

この’hup’は多用途に使える小さな音節で、訳すと「いい演奏だ、君たち。この音楽は素晴らしい。私は本当に楽しんでいる」 で、ミュージシャンを励ますための一般的な肯定の合図です。ただし、’hup’は控えめに使うようにしましょう。

‘Hup!’というフレーズについてもっと知りたい方は、The Sessionにアクセスして、この難しい表現について包括的で楽しいディスカッションをしてみてください。

セッションの準備

ここまでくれば、あなたはセッションの準備が整っていることになります。

ここに書いたことは決して伝統的なセッションの完全なガイドではありません。実際、私は1つか2つの重要なアドバイスを見逃していることでしょう。まだまだ探求すべきニュアンスや洞察は無数にあり、そのための最良の方法は、勇気を出して、外に出てみることです。さあ、何を待っているのでしょうか?